心のダイヤモンド発掘室

とあるカウンセラーの独り言。 オンラインのカウンセリング

ご予約はこちら

とあるカウンセラーの独り言。 オンラインのカウンセリング

とあるカウンセラーの独り言。 オンラインのカウンセリング

2022/03/15

これは、とあるカウンセラーの独り言です。

 

母子家庭で、育ったこの人物は、

人前に立つと極度の緊張に襲われ、

時には、吐き気、悪寒、震え、めまい、頭痛など、を引き起こし、パニックに、なる。

 

それは仕事の打ち合わせでも、なる。

 

相手が、いくら信頼できても、1対複数になると必ず震えや、恐怖感に襲われる。

 

さらに、それはプライベートにも、出てくる。

 

人を疑い、自分を疑い。

 

自分には生きてる価値はないと、考える。

 

次第にこの人物は、人とは喋らなくなる。

 

この人物は、現在の仕事をつく前は、コールセンターと、施設介護をしていた。

 

しかし、人を信用できないこの人物は、次第に疲弊していく。

 

職場、家、プライベート、全てにおいて、他者を信用できてないから、心が休む場所がなくなっていったため。

 

この人物は、原因が、まだ、はっきりしていなかった。

 

この人物は、母子家庭でも、幸せに生きてきた。

母親や、姉との思い出、義理兄との思い出。

全て幸せだった、はず、

しかし、何故か、そこに、この人物の笑顔は、ないように、みえた。

 

つい先日、この人物の誕生日だった。

 

とある事が、きっかけで、姉や義理兄と喧嘩になるが、話しにならないといわれる。

 

全てお前のためにやってる。

トラウマは自分で、なんとかしろ。

生意気だ。偉そうだ。

 

と言われる。

 

 

なぜなのか?

 

なぜ、自分の意見を言っては、いけないのか。

なぜ、自分の話しを聞いてはくれないのか?

 

悩んだ。

 

あるとき、この人物は、自分の過去を、とあるカウンセラーに話すことに、なった。

 

しかし、なぜ、話すのかはわからない。だが、なぜか、話しをした。

 

すると、このカウンセラーは、「家族の表情を常に伺ってきたのですね。それを、ヤングケアラーと言うのですよ?」「この話をしてくれてありがとうございます。」とありふれた、お疲れ様や、辛かったでしょう?

 

では、なく。

 

「ありがとう」っと、言ってきた。

 

不思議と、心が、楽になった。

 

そう、つまり、この人物は、仕事で、プライベートで、家族に、必要以上に、顔色を伺い、過ごしてきた結果。

 

緊張をしてしまうのだと、気がつくことになった。

 

この人物は、現在、2名のカウンセラーに師事、お世話になりながら、自分の道を歩む事をはじめたばかりである。

 

       つづく?

 

人間生きてるだけで、悩み続けます。

 

学校や、会社、家庭や、ご近所付き合い、ですら、他者と比較し、誰かを標的にし、

傷つけ傷つけられる。この社会。

 

相談者とカウンセラーの出合いなんて奇跡みたいなものです。

 

また、カウンセラーとの相性も奇跡みたいなものです。

 

この人物も、中学〜現在も悩み続けてます。

 

お金を払って、相談なんてバカバカしい。

 

なんて、思ってるうちは、いいカウンセラーには、出合いません。

 

お金が発生するからこそ、カウンセラーなんです。

 

お金が発生しないのは、ただの友達です。

 

お金が発生するからこそ、プロなんです。

 

この人物≒私は、そうおもいました。

 

一度、思い切って、相談に来てください。

 

あなたの中にある。石をまず発見しましょう。

 

心のダイヤモンド発掘室 代表カウンセラー ひろき

 

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。