心のダイヤモンド発掘室

オンラインカウンセリング・スタッフ=中の人3号 「ノー」がうまく言えない3つのパターン

ご予約はこちら

オンラインカウンセリング・スタッフ=中の人3号 「ノー」がうまく言えない3つのパターン

オンラインカウンセリング・スタッフ=中の人3号 「ノー」がうまく言えない3つのパターン

2022/04/13

ノーが言えないシリーズの3回目です

(いつの間にか、シリーズ化してる・・・)

 

アサーティブネスのスキルを使うと

自分を信じるために「ノー」ということもできる

ようになります。

もちろん、相手も尊重した言い方で。

 

アサーティブでないと自分の想いを素直に言えません

では、

素直になれない3つのパターンとは?

 

  • 自分のことだけを考えて他者にくってかかる攻撃型 

aggressive

  • 攻撃性を隠して他者をコントロールしようとする隠れ攻撃型

Aggressive&nin-assertive

  • 他者を優先し、自分で自分をあきらめ自己犠牲的な非主張型

Non-assertive

 

1)の攻撃型は相手より優位に立ちたい。そうでないと見下されているような

怖さや無力感がある。と言えます。このようにされた相手は、離れて行ったり、

攻撃を返したりしますので、関係が悪化します。

 

2)自分は表だって攻撃はしないが、周りを巻き込んで相手に罪悪感を持たせる

ようにしむけるやり方です。嫌みや皮肉を言ったりします。

このパターンも率直に自分の意見を言うことに怖さがあるといえます。

相手だけでなく、周囲の人もいやな気分にさせます。

 

3)自分の意見を言わないでいると、一見、相手を尊重しているようですが、

自分に劣等感を抱いたり、無力感を感じています。また、怒りが隠れていることも

あります。

 

いずれのパターンも自分の本音を言えていないので、

満足は得られません。

 

自分の気持ちを察してほしい

という思いと

周りの人にわかってもらえないと怖い

という気持ちがストレスになって蓄積しやすくなります。

 

言いたいことは上手に言うことが

相手にとっても

自分自身の心のバランスをとる意味でも

大切なことなんですね

 

(つづく)

 

叶樹瑠光子

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。